オフィスレイアウトをデザインして良い職場を!

オフィスレイアウトをデザインして良い職場を!

  • オフィスレイアウトをデザインして良い職場を!

    • オフィスは働く場所となるので、その空間作りは、働く上で欠かせないことです。



      適当なオフィスでは、仕事仲間の働く意欲が弱まる恐れがあり、効率が悪くなる、成果が上がらなくなる恐れがあるので、上司がオフィスレイアウトに力を入れなければなりません。

      ターゲットに応じた日本経済新聞に関する情報に追加しています。

      オフィスレイアウトのデザインを考える際、仕事仲間の年齢を考慮する必要があります。どういうデザインに興味があり、仕事の意欲が高まるのか考えることが大切です。


      ただオシャレな空間にしたとしても、それによって働きにくくなる可能性もあるので、デザインと仕事の効率性の両方をバランス良く考え、最高の状態にしましょう。

      オフィスレイアウトをする際、独断で決定しないように注意しなければなりません。

      仕事仲間がどう感じるのか、どういう気持ちで働けそうかを相談し、全会一致になるように決定しましょう。



      これを機会に、新しい物を取り入れると、より働きやすい環境になります。


      ある物のみで考えていても、やれることが限定されるので、思い通りのオフィスは実現しません。


      誰もが働きやすい環境が重要なので、その点を忘れることなくオフィスレイアウトしましょう。オフィスレイアウトは時間と労力、それにコストもかかってしまうので、協力し合う必要があります。


      誰かが犠牲になって作業してもよくないので、なるべく全員で取り組むようにしましょう。仕事があるうちは取り組めないので、休日に取り組むようにすると、より良いオフィスが生まれます。

  • 人に言いたい社会

    • オフィスレイアウトを変更したいという場合には、社内の雰囲気にあったデザインにすることも重要です。そのオフィスで働く社員が作業をしやすい雰囲気を作る、または、クライアントをターゲットとしたオフィスレイアウトのデザインにしてみるというのもいいでしょう。...

  • 社会関係の真実

    • 一昔前の日本のオフィスをイメージした時には、一つの空間に従業員が座るデスクが各部署ごとに一つにまとまって机を並べて配置されており、その部署の管理者がその従業員たちを見渡せる場所にデスクを置いている姿を思い浮かべる人は少なくありません。一昔前のオフィスは管理が行いやすいことが優先され、同じスペースにより多くの人を集めてその環境を維持・管理する形を取られていたのです。...

  • 身に付けたい知識

    • 企業にとって生産性や効率性を高めて従業員の集中力を上げるためにはオフィスレイアウトの十分な検討が欠かせません。多くの場合にはオフィス移転の際に社内の担当者が様々な部署や関係者の意見を取り入れながら決定してしまうものですが、その一方で全くの部外者である第三者の意見によって画期的なオフィスレイアウト案が企画、提案されるケースもあります。...

  • 納得の真実

    • オフィスで働いている人にとって、オフィスレイアウトのデザインの良し悪しは非常に重要です。たとえ同じ平面内に、同じ数の家具やデスクなどが置かれていたとしても、レイアウトがよくない場合には、働きにくく、また備品なども使いにくいのが現実です。...

top