オフィスレイアウトをデザインして良い職場を!

  • オフィスレイアウトのデザインについて

    • オフィスで働いている人にとって、オフィスレイアウトのデザインの良し悪しは非常に重要です。たとえ同じ平面内に、同じ数の家具やデスクなどが置かれていたとしても、レイアウトがよくない場合には、働きにくく、また備品なども使いにくいのが現実です。



      オフィスレイアウトのデザインを考える場合に、注意しておかなければならないのは、実際にそこで働く人の動きをきちんと把握した上でデザインするということです。

      日常的にどんな動き方をしているのか、またオフィス内の備品はどのくらいの人がどの程度の頻度で使っているのかなど、実際のオフィス内での活動を把握しておかないと、使いやすいオフィスレイアウトのデザインをすることはできません。オフィスレイアウトのデザインをするうえで重要なことは、こうした人々の動き、つまり人々の日常の「動線」を把握しておくことといえます。

      自分に合ったYahoo!ニュースの専門知識を身につけましょう。

      また実際の動きを把握するためには、単に机の前で図面を描くだけでなく、実際に人々が働いているオフィス内を見学してみたり、人々の動きを観察してみるということも必要です。



      オフィスのレイアウトを考える際には、実際にそこで働く人の業務効率が向上することが大切です。

      たとえ見栄えが良いオフィスであっても、実際に働いている人が不便を感じるようでは、良いレイアウトとは言えません。オフィスレイアウトを考えるときには、実際を把握し、業務効率が上がるような空間を目指すことが必要だといえるでしょう。

top